FC2ブログ

愛媛から徳島の大雪


おはようございます♪


14120609.png
<9時予想>



寒い日が続きますが、今日も引き続き西高東低の気圧配置!!



昨日はところどころでみぞれや雪になりましたが、今日いっぱいこの傾向は続きます。



そして海は西からの強風!



fwjp14120500.png
<9時予想>



東シナ海の一部では4.0mの波が予想されていて、まだまだ西風が強いことを示唆しています。



釣りには厳しい土曜日!!



佐田岬の瀬戸内側や長浜海岸線、松山~伊予市沿岸は特に釣りにならない波風!



強風は明日の午前中くらいまで続きます!



今日と明日さえ乗り切れば晩秋バックでございます!



来週は割と暖か!







昨日の愛媛県東予東部から徳島の雪は凄かったみたいですね!



割と気温が高いので雪になっても解けるくらいでしたが、それを上回る降水となってどんどん積雪が増えました。



雪が本格的に積もるのは大体気温が1度を下回ってからですが、徳島の池田では1.0℃を下まわった際の降水量が軽く60mmを超えていました。



しかし、降水がどれだけ強まっても氷点下にはならなかったので、湿った重たい雪が断続的に降るという点では西高東低時の降雪と言うよりは南岸低気圧接近時の降雪に類似しています。



もちろん降水メカニズムは全く違いますが



ちなみに西風が燧灘を通る際に雪雲が発生して、その雪雲が川之江から池田あたりの山地で強化されるという降雪パターンでした。







なぜ燧灘で断続的に雪雲が発生したかということですが




昨日の燧灘の海水温を見てみると



6-2.jpg



20℃近い海水温!!東予東部の沿岸に関しては23℃前後もあります。



この暖かい海に真冬の寒波が入れば、まぁ雪雲がたくさん出来てもおかしくはありません。



温泉の湯気のように雪雲が生成されていたんでしょう。



不幸なのは海岸線からすぐそこが山沿いだったこと!



松山や伊予市の場合は平野部である程度、雨や雪を落としてくれるので山地に届くころには元にある雲が減っているのでここまでの降水量になりませんが、ただでさえ燧灘で強化されている雪雲が平野部に雪を落とす間もなく山地にぶつかれば100mm近い降水になってもおかしくはありません。



これから真冬に入るまでは伊予灘でも同じようなことが起こる可能性があるので気を付けたいですね!



だいたい同じようなことを繰り返す傾向にありますし!



それでは~











★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

-雑誌&TV-
・[雑誌]2015年4月~2017年4月
レジャーフィッシング連載
「気象予報士たっぴーの釣り人のための気象学講座」
・[雑誌]2017年2月
  レジャーフィッシング特集記事の執筆
「冬の釣行を快適に♪気象学講座」
・[TV]2017年3月30日
  釣りビジョン「五畳半の狼」ゲスト出演
・[TV]2018年9月~
  釣りビジョン「つりステ釣会議」お天気コーナー(たがっしーの釣天気)不定期出演
・[書籍]2019年5月18日発売
三楽舎プロダクション・編「この実力講師・講演家200人情報源」
掲載。

ホームページ:http://windsnow1221.com/
お問い合わせ先:info@windsnow1221.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


※このブログの天気情報は気象庁が発表する天気予報や気象情報を解説しています
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たがっしー

Author:たがっしー
伊予市在住の釣り好き気象予報士です♪

資格
・気象予報士
・防災士
・えひめ防災インストラクター
・小型船舶1級免許
・ITパスポート

*気象予報士としての活動*
・気象情報の提供
・講演活動
・アプリ開発
・記事やコラムの執筆

Takashi Tagashira


ホームページ
bana.jpg

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
おすすめサイト!
公開中のアプリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる