FC2ブログ

台風18号の先駆降雨帯


おはようございます(`・ω・´)



昨日は気象予報士会で高松に行っていました。







シンボルタワーから見える海





「あの少しざわついている海面の下にはきっとアオリイカの子供がいるんだろう」




「海の水を抜いたら何杯くらい取れるんだろう」




「いや、埋め立て地っぽいので水深があり、案外いないんじゃないか?」




海があるとそんな妄想ばーっかり。




でもちゃんと会には参加しました(`・ω・´)



13091503.png




今朝3時の天気図ですが、おっ台風さんは18号はあたかも四国を直撃するかのように矢印が示されています。




しかーし




1318-002.png




もうすぐ急転向!!





愛媛への直撃はなさそうですが、天気図で描かれている台風の等圧線の混んだ部分の北縁がもうすぐ愛媛にかかりはじめ、風が強まってそうな感じです。





また台風が四国の東側を通るルートなので北東風が卓越し、北東風に弱い東予全域と東に谷がある東温市、地形に北東風が沿う長浜は特に風が強まる可能性があり、午後から荒れます。




雨ですが




201309150525-00.png




台風の最初の雨雲(先駆降雨帯といいますが)がかかりはじめたー





台風は目の周辺の雨雲(アイウォール)とその周辺の雨雲(スパイラルバンド)と1番最初にやってくる雨雲(先駆降雨帯)がありますが、これらが通過する際に特に雨が強化される!!





今日の愛媛はアイウォールの降雨はないにしろ、先駆降雨帯やスパイラルバンドの降雨帯が次々にやってくるので雨が降ったり止んだり(・∀・)





台風の雨に強弱があるのはこの、複数の降雨帯があることによりますが、台風は下層風が強いので日本付近にこの降雨帯がくると地域ごとの発達具合や降水量は山地に大きく影響されることになります。





山地の風上側は次々と雨雲が山で強化されるので大雨が断続的に降りますが、風下側は風上側で大雨になる分、雨を降らせる水蒸気量が減ることになるので相対的に雨が弱くなる傾向にあるというわけです。





この方式でいくと今日は北東風なので中予に比べて、四国山地の風上側となる東予で雨が降りやすい傾向になり、山地の風下になる中予の平野部の降水量は相対的に減ることになりますが、ここで注意!!





午後からは地形の影響が比較的小さい秋雨前線の降雨も加わるので中予でも雨が降りやすくなります。





まぁ台風なのでおとなしくしているのが無難ですね~♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

-雑誌&TV-
・[雑誌]2015年4月~2017年4月
レジャーフィッシング連載
「気象予報士たっぴーの釣り人のための気象学講座」
・[雑誌]2017年2月
  レジャーフィッシング特集記事の執筆
「冬の釣行を快適に♪気象学講座」
・[TV]2017年3月30日
  釣りビジョン「五畳半の狼」ゲスト出演
・[TV]2018年9月~
  釣りビジョン「つりステ釣会議」お天気コーナー(たがっしーの釣天気)不定期出演
・[書籍]2019年5月18日発売
三楽舎プロダクション・編「この実力講師・講演家200人情報源」
掲載。

ホームページ:http://windsnow1221.com/
お問い合わせ先:info@windsnow1221.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


※このブログの天気情報は気象庁が発表する天気予報や気象情報を解説しています
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たがっしー

Author:たがっしー
伊予市在住の釣り好き気象予報士です♪

資格
・気象予報士
・防災士
・えひめ防災インストラクター
・小型船舶1級免許
・ITパスポート

*気象予報士としての活動*
・気象情報の提供
・講演活動
・アプリ開発
・記事やコラムの執筆

Takashi Tagashira


ホームページ
bana.jpg

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
おすすめサイト!
公開中のアプリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる