FC2ブログ

高気圧の中心からの位置 風向きと気温 風や波 の違い


おはようございます♪


140124030.png




今朝の愛媛県は昨日に引き続き高気圧の中心に覆われているため快晴となっています!


この状態は今日も続くので今日の日中も晴れの1日となりますが、同じ「晴れ」でも今日と昨日とでは~


ちょっと違うの(`・ω・´)シャキーン


何が違うのか!


まずは矢印!


あの矢印の書き方に私の性格が滲み出ていますが(´-ω-`)


風は気圧の高い方を右手、気圧の低い方を左手にみて等圧線に沿って吹きますので(実際は摩擦力で等圧線を少し横切るように吹きます)


高気圧の東側では北よりの風、西側では南よりの風になります。



単純に


北風=寒い
南風=暖かい


となります。


昨日は高気圧の前面だったので最高気温は 9.9℃(残念!あと、0.1℃( ´・ω・))と低めでしたが



今日は高気圧の中心の後面に入るので14℃を超える予想となっています!!


そして、空気の澄んだ感じの違いがあります!


高気圧の前面に入る場合は北よりの風で乾燥している場合が多く
黄砂や汚染大気が入ってないと空も澄み渡ることが多いのですが、
高気圧の後面に入ると南よりの風になり湿度が高くなることで澄み渡る空ではなく少し白っぽさが増す場合が多くなります。


それに加えてこの時期は気温が上がると花粉などの塵も舞いやすくなるので白っぽさがより増します。


最後に波や風ですが、高気圧の前面は西~北風が卓越する場となりますが愛媛県は風上が西~北風となりますので例え0.5m予想でも日中は海風との相乗効果で風や波が強まりやすい傾向にあります。
夜間は陸風になるので海からの風と反対になり穏やかな場合が多くなります。


ちなみに昨日の南吉田のアメダスですが


20140124011.png


よく晴れたので陸風と海風の差がよくわかります!


昨日は快晴で放射冷却が効きすぎたため海風より陸風の風速の方が大きくなっていますが、実際釣り場に出かけると海とは反対側から吹く陸風の方が風が強くても海風よりはマシだと感じます。


これが高気圧の後面に入ると南風に邪魔されて海風が入らない場合が多くなるので、日中でも凪いだり風が弱いことが多くなります。


南風は暖かいので軽く冷たい重い北風と違って風の息で吹くことが多く夜間の陸風も相乗されて強くなるというようなことはあまりありません!


ただ、高気圧の中心が過ぎて半日~1日程度経つと次の気圧の谷の接近で南風がかなり強まる場合が多いので高気圧通過による凪タイムの恩恵を受けられるのも短い時間ではあります( ´・ω・)


低気圧の方が変化が大きいので好きなんですが、高気圧もこういう楽しみがあるから好きです!笑


さー


今日も頑張ろ♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

-雑誌&TV-
・[雑誌]2015年4月~2017年4月
レジャーフィッシング連載
「気象予報士たっぴーの釣り人のための気象学講座」
・[雑誌]2017年2月
  レジャーフィッシング特集記事の執筆
「冬の釣行を快適に♪気象学講座」
・[TV]2017年3月30日
  釣りビジョン「五畳半の狼」ゲスト出演
・[TV]2018年9月~
  釣りビジョン「つりステ釣会議」お天気コーナー(たがっしーの釣天気)不定期出演
・[書籍]2019年5月18日発売
三楽舎プロダクション・編「この実力講師・講演家200人情報源」
掲載。

ホームページ:http://windsnow1221.com/
お問い合わせ先:info@windsnow1221.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


※このブログの天気情報は気象庁が発表する天気予報や気象情報を解説しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

たがっしー

Author:たがっしー
伊予市在住の釣り好き気象予報士です♪

資格
・気象予報士
・防災士
・えひめ防災インストラクター
・小型船舶1級免許
・ITパスポート

*気象予報士としての活動*
・気象情報の提供
・講演活動
・アプリ開発
・記事やコラムの執筆

Takashi Tagashira


ホームページ
bana.jpg

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
おすすめサイト!
公開中のアプリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる